トップページ > 更年期障害 > 更年期障害の辛い症状を改善するには?

更年期障害の辛い症状を改善するには?

50歳前後から約10年ほど続く更年期障害は様々な辛い症状をもたらします。時には日常生活に支障をきたすほど重度化することもあります。症状が重度化する前にケアすることで、症状を軽く抑えることもできるので、辛くなる前にケアすることが大事です。


更年期障害は更年期に女性ホルモンが急激に減少することによって起こる症状です。これによって、自律神経の乱れが生じ、様々な辛い症状を引き起こしてしまいます。ですから、ホルモンバランスを整えたり、自律神経の乱れを整えるケアをする必要があるというわけです。